ももかの体臭の防ぎ方

体臭を防ぐ方法

momoka09

ももかが体臭の防ぎ方を教えてあげるね。

体臭を防ぐ方法として主に以下の3つがあります。

デオドランド製品を利用する方法
  • 制汗剤
    汗を抑える効果を狙ったもので代表的にはミョウバンを使ったものが有ります。
    制汗剤はニオイを経つという意味では効果的ですが効果の持続性に問題が有ります。
    もって半日から一日、夏場などは数時間で効果が薄れてしまいます。
  • 消臭剤
    ・ニオイを中和するタイプ
     ワキガのニオイは個人個人で違うので効果が期待できない。
     また、自分のニオイには鈍感なので製品が効いているかの判断も難しい。
    ・香りでニオイを覆い隠すタイプ
     香りは弱いニオイには効果がありますが、強いにおいだと混ざり合ってとんでもない悪臭となる場合も有ります。

  • 殺菌剤
    ニオイの発生は皮脂を菌が分解して発生します。
    この菌を殺菌するためのものです。
    代表的にはエタノール水溶液やイソプロバノール水溶液を利用する方法が有ります。
    この方法の弱点は効果の持続性と皮膚に直接塗るのでその安全性です。
    価格が安いというメリットもあります。

  •   

体をこまめにふく方法

ニオイが発生する前に汗を拭き取ることは効果的だが
頻繁に拭き取る必要が有り実行には負担がある。

香水を利用する方法

日本ではあまり香水などのフレグランスの利用は好まれません。
特にビジネスシーンの男性がニオイを消せるほどの香水を
付けることは考えられません。
女性の場合は多少許されるにしてもやはり強いものは好まれません。
また組み合わせによっては悪臭となってしまう可能性もあります。

衣類についた臭いを取る方法

消臭スプレー

肌につけるのではなく衣類の直接スプレーするタイプ
気になる部分(衣類)にスプレーするだけなので簡単に使える。
1日程度なら効果が持続するものもある。
 

デオルシャツ

スプレー対応ではなく衣類自体が消臭タイプになっているもの
消臭の期待は出来るが衣類の種類が少ないのが弱点

手術を行う方法

ワキガなどで臭いが酷い場合手術をしないと臭いの発生が防げない場合も有ります。

手術にはお金もリスクも時間も掛かるので、
まず、体臭は命に係わる病気ではなくて社会生活をしていく上のマナー的な要素が強いので
どの程度臭いを押さえることが必要か確認してら行うようにしましょう。

そもそも手術を希望しても病院のカウンセリングで手術が不要と判断される場合も多いですよ。
でも例えば突然体臭が強くなったとかの場合は体調の異変から臭いが発生している場合もあるので
医師に相談をして見ることは良いかもしれませんね。

まとめ

ももかのお勧めの対策

momoka07

体を清潔に保つ

頻繁にシャワーなどを浴びて体を清潔に保つようにしましょう。

衣類にかける消臭スプレーを使う

臭いの発生を防ぐタイプの物を利用するようにしましょう。
臭いの多くは汗が臭い成分となって衣類についている状態で発生しているので
衣類の臭いを取ることは効果的です。

また、臭いを中和するタイプの物は中々効果が期待できず逆に悪臭を発生する可能性もあります。

どうしても臭いが気になって消すことが出来ない場合は医師に相談してみましょう。

匂いの原因が体調に有る場合も有るので相談してみることも良いと思います。
相談する場合は出来れば総合病院の方が良いと思います。
各課毎に診察をしても内容が引き継がれているので何回も同じことを説明する必要が無くて良いと思います。

またこちらのサイトでは様々な臭いの原因を解説しているので一度参考にして見ると良いかもしれませんね。
快互服ドットコム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ