多汗症って治るの?!

夏の暑い時や、湿気の多い季節になると、多くの人が汗をかきますよね。それだけでなく、冬場の寒い時期でも、

人の前に立つと緊張して汗が出たり、突然体が熱くなって汗が噴き出る事ってありませんか?!

実はそれは、多汗症化もしれません。

 

momoka10

多汗症の原因は?

多汗症になる人ってほとんどが、精神的な理由からきているんですよね。

たとえば、たくさんの人の前でスピーチをしなくてはいけないなどの緊張状態になってしまったり、試験などで、絶対に失敗できないというような緊張状態になる。

それが原因で、交感神経が活発になって汗が大量に出てしまいます。

また、更年期障害になっているときも、その症状の一つにホットフラッシュと呼ばれる多汗症状が出てきます。

何もしていなくても、寒い場所にいても、突然汗が大量に出てしまうのです。

多汗症って困りますよね。

多汗症になると、汗が大量に出て、洋服がびしょびしょに濡れてしまうくらい大変だという人もいます。

もちろん、洋服が濡れてしまうのも困りますが、もっと困るのが汗が出たことによって嫌な臭いが出てしまうことです。

汗をかいて時間が経つと雑菌が肌の上で繁殖してしまいます。

汗による水分が雑菌の繁殖にピッタリの環境を作ってしまうんですよね。
雑菌が増えると今度は酸素と反応して、酸化状態になって臭いが出てしまいます。

この臭い、放っておくと、どんどんときつくなって、ツーンとした臭いになったり、すっぱい臭いになったり、はたまた体臭と組み合わさることで、生ゴミのようなムレた臭いにもなってしまいます。

 

○多汗症による臭いを解消しましょう。

そこで、汗をかいても、においが出ないようにする方法をご紹介しましょう。

根本的には、病院に通って、投薬治療を受けることで、汗を出にくくすることができます。だけど、とっさに出てきた汗に対処したいですよね。

そこでお勧めしたいのが、脇の部分にパッドを挟んでおくことです。これなら汗が出てもパッドが水分を吸収してくれます。消臭パッドもあるので、こんなパッドを使えば、においも防ぐことができますよね。

また、脇の部分のムダ毛を処理しておくのも大切ですよ。ムダ毛が減れば、脇の通気性が良くなるので、雑菌の繁殖も抑えることができます。

その他にも、洋服に直接消臭スプレーや防臭スプレーをかけておくことで、汗による臭いが洋服に移るのを防いでくれますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ